布団乾燥機いらず?簡単にきれいな寝具を保つ秘訣

簡単手間いらずの寝具のお手入れ

>

きれいな寝具で快眠したい

寝具の汚れとは

布団の汚れの種類はいくつかあります。
ひとつは、汗です。
寝ている間に人はコップ1杯の汗をかく、というのを聞いたことがある人は多いでしょう。汗は汚れの代表格ですね。汗をかいた洋服を放置しておくと、どうなるかを想像してみてください。布団も、かいた汗をそのままにしておくと汗ジミができたり、湿気がたまってカビの原因になります。

また、皮脂・頭のフケも汚れのもとです。枕カバーやシーツは、この汚れが特に気になるところですね。放置すると、黄ばんだり黒ずんだりしてきます。

あとはホコリが発生しやすくなります。布団はホコリの原因でもあります。中綿などから発生しています。布団を清潔にしておくとホコリも減るでしょう。

こうした汚れを放っておくと衛生的にも健康的にも良くないのが分かります。

週一の手入れで寝具を清潔に

毎日は大変すぎるという方には、週一回のペースでできる寝具の掃除をしてみることをおすすめします。

シーツとカバーは洗濯します。普通に洗濯機で行ってよいです。

布団と敷布団は天日干しができると良いです。日に当てることは、たとえ時間が短くてもやっておきたいところです。裏と表を直射日光にさらすとダニ・カビに効果的です。

そのあと、掃除機をかけるのも良いでしょう。
ホコリやダニの糞の除去には掃除機が良いです。部屋の風通しを良くしてから、掃除機がけを始めます。掃除機はゆっくり小さい動きで、丁寧に動かしていきましょう。掃除機のノズルは布団専用のものに付け替えてやりましょう。

布団を敷くときはすのこで風通しを良くするとか、防湿シートを敷いて湿気対策をしておきましょう。マットレスは定期的にひっくり返しておきます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる